artist

曽我部恵一(そかべけいいち)

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。
90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。
1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。
70年代の日本のフォーク/ロックを90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。
2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。
2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。
以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。

sokabekeiichi.com

踊ってばかりの国

うたと3本のギター、ベース、ドラムで構成された東京で活動する5人組のサイケデリックロックンロールバンド。
幾度かのメンバーチェンジを挟みながらこれまでに5枚のフルアルバム、3枚のミニアルバムをリリースし、FUJI ROCKなどの大型フェスにも出演。
音楽に愛されてしまった5人が奏でる爆音でかつ繊細な楽曲は、古い米国の田舎町や英国の路地裏、日本の四季の美しさをも想起させ、眩しいほどの光で聴くものを包み込む、
正しくアップデートされたロックンロールの形。

odottebakarinokuni.com

Mitsume


2009年、東京にて結成。4人組のバンド。
オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。
そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

mitsume.me

CAR10

栃木県足利市を拠点に活動する3人組。週末ごとに各地でライブを重ね数多くのオーディエンスや共演バンドと音楽を共有して数年、彼らは今20代後半。
特別なイデオロギーも強いメッセージも掲げることなく、素直な視線で見てきたことを音に乗せ、地方都市で暮らす自分たちの生活や眼に映る世間や気持ちをを自分自身の言葉で表現、
どのシーンともアクセスしている国内唯一そして無二のバンドCAR10。

twitter.com/car10japan

Jurassic Boys

2016年に大学のサークルで出会った3人で活動を開始。
様々なカテゴリーが交錯する東京のライブ・シーン、その中でパンクでもなくギター・ポップでもない孤高のスタイルで徐々に知名度を上げ、
2018年12月に7インチ『Christmas Cherry Coke / Way』で本格的にデビュー。
2019年9月には1st『Jurassic Boys』をリリース、高い演奏力と巧みな情景描写を織り交ぜた歌詞はエバーグリーンなイメージを伝える。

jurassics.wixsite.com/jurassicboys

THE ALEXX

2019年の晩秋、実は2020年にオリンピックが開催される事など誰一人本気で考えていないユースカルチャー・ガラパゴスのこの国で、フジロックを主催するSMASH代表が立ち上げたインディーレーベル「REXY SONG」が突如専属契約した初の日本人アーティスト“THE ALEXX”。
公式音源を1曲も発表しないままフジロック ‘19の激しい雨の中でデビュー・ライブを行い、デビュー・シングルを発表した直後に朝霧ジャム’19に出演が決まっていたが台風の影響でキャンセルに。
彼らはTHE XX以降のダークさとポップさ、ダンスミュージッックのマナーとロックのダイナミズムを個々の体内に沁み込ませ、ニューウェイヴ、ハウス、電子音楽、インディーダンス、ニューディスコ等々、過去から現在までに溜め込んだ豊潤なユースカルチャー・ミュージックの影響を混乱したままダイレクトに表現している3ピースバンドだ。 THE ALEXXのデビューアルバム【VANTABLACK】は、まるでセックス・ピストルズ/クラッシュ/ニュー・オーダー/スミス/プライマル・スクリーム/マッシヴ・アタックに熱狂した日本人プログラマーが設計したAIが作ったJ-POPアルバムのようだ。
エンジニアにはzAk氏を起用し、ダークでダビーなサウンドを究極なまでにソリッドに仕上げることに成功している。 令和、0話、ゼロセット。
日本のミュージックシーンにブラックホールを生み出す“THE ALEXX / VANTABLACK” 。 新たなダークヒーローの誕生です!

thealexx.com

DJ YODA

1989年Second Summer Of Loveに大きな衝撃を受けインディーダンスのDJをスタート、
90年代中旬 のレイヴムーブメントから数多くのレイヴでDJ、オーガナイズを行う。
1999年に自身のパーティーで あるMothership、the oceanをスタート、ヨーロッパのトランス、
プログレッシブハウスのDJを数多 く招聘し現在につながるシーンを東京に作った。
DJとして一晩のパーティーを演出するスタイルでフロ アの風を読みトランスからハウス、テクノ、
プログレッシブまでジャンルにとらわれることなく幅広く 選曲するスタイルはまさにパーティーDJといえるだろう。
自身のレーベルでありパーティーでもある HORIZONの主宰。

twitter.com/yodataro