artist

遊佐春菜

仙台出身のヴォーカリスト/キーボード奏者。2007年よりロック・バンド、壊れかけのテープレコーダーズのヴォーカル、オルガン担当として活動。2014年、壊れかけのテープレコーダーズの『broken world & pray the rock’n roll』の発表後に、ソロ・プロジェクトに着手。2015年6月ソロ・アルバム『Spring Has Sprung』をリリース、翌年Have a Nice Day!のキーボード、コーラスとして加入。また、壊れかけのテープレコーダーズ小森とのユニットkomori+yusaをはじめ女性3人のバンドであるミチノヒなど多くのバンドやアーティストのサポートで活躍中。

Strip Joint

東京を中心に活動するインディロック、ポストパンクバンド。

THE ALEXX

THE ALEXXは杉浦英治(Programing)、tonton(Vocal)、筒井朋哉(Guitar)による3ピースバンド。2019年11月にファーストアルバム『VANTABLACK』をリリースし、昨年はコロナ禍でライブ活動が制限される中、12月にSUPER DOMMUNEで開催されたライブストリーミングイベント<「BE AT TOKYO LIVE STREAMING」Vol. 1>で「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」のデザイナー・宮下貴裕とコラボするなど精力的に表現領域を拡張してきた。

サニーデイ・サービス

1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。フォーク、ネオアコからヒップホップまでを内包した新しい日本語のロックは、シーンに衝撃を与えた。
現在までに13枚のアルバムをリリース。
どの作品もバンド像を更新し続ける創造性/革新性に満ち、グッドメロディに溢れる。
現在も国内外で揺るぎない支持を集める。